自浄サイクルで作られるヒアルロン酸ってどんな成分?

ヒアルロン酸ってなに?

自浄サイクルと呼ばれるのヒアルロン酸生成サイクルの機能は

 

30歳になると衰えてくるといわれています。

 

古いヒアルロン酸が肌内に残っている状態では、

 

肌の保水力が不足して、肌が乾燥し小じわの原因になってしまいます。

 

今回はヒアルロン酸がいかに重要かということをチェックしていきたいと思います!

 

ヒアルロン酸とは

ヒアルロン酸ってどんな成分?

 

自浄サイクルで作られるヒアルロン酸ってどんな成分?

 

美容だけでなく、身体には必要不可欠なヒアルロン酸ですが、その詳細な成分は、グリコサミノグリカンと呼ばれる糖類なのです。

 

体中のいろいろな場所に点在していて、細胞と細胞をつなぐのに大切な成分です。関節ではクッションの働きをしており、軟骨にとってはなくてはならない存在なのです。

 

そして、ヒアルロン酸の一番の特徴は、保水力です。ヒアルロン酸1グラムあたり、6リットルの保水力があるんだとか!驚きですよね。だから、保湿成分として化粧品やサプリメントで使われているのですね。

 

このヒアルロン酸は、代謝がとてもはやくて、1日で半分あたりが入れ替わり、劣化と再生を繰り返すことで、フレッシュさを保っているのです。

 

30だに突入してからは、このヒアルロン酸の入れ替わり、つまり自浄サイクルはガクッと減速するのです。

 

自浄サイクルの改善は、しわ対策に一番打ってつけの手段ということです。

 

 

ヒアルロン酸の美容効果

 

自浄サイクルで作られるヒアルロン酸ってどんな成分?

 

ヒアルロン酸はとても優秀な保水力が備わっています。

 

なので、化粧品には、保湿・肌のシワややるみを予防する効果が期待できるというわけです。

 

しかしながら、ヒアルロン酸が皮膚の細胞内に入ってから、肌の保水力の底上げをしているわけではないのです。

 

ヒアルロン酸が配合されている、つまり肌内部にちゃんと浸透してきて、少なくなったヒアルロン酸を補給してくれるような想像をしがちですよね。実は、ヒアルロンさんは分子が大きい物質なので、細胞の中に入り、ちゃんと浸透することは難しいのです。

 

だから、化粧品に配合されているヒアルロン酸に期待できる効果は、表皮の保湿くらいなのです。

 

最近では低分子のヒアルロン酸も誕生しているようですが、ヒアルロン酸を増やす位には自浄サイクルの改善を優先させるべきでしょう。

 

ヒアルロン酸の副作用

 

自浄サイクルで作られるヒアルロン酸ってどんな成分?

我々の体内にある成分なので、安全性はとてもたかいです。ヒアルロン酸の注射なんかは医療の間で幅広く利用されています。

 

化粧品に含まれている、ヒアルロン酸は安心して使って問題ないといえるでしょう。

 

 

まとめ

ヒアルロン酸の特徴

自浄サイクルで作られるヒアルロン酸ってどんな成分?

  • 一番の特徴は保水力、1グラムあたり6リットルの干す力
  • 細胞と細胞をつなぐ成分、軟骨ではクッションの役割を果たす
  • 1日で半分が入れ替わり、古いのが残るとシワの原因になる
  • 化粧品だと肌の保湿くらいしかできない
  • 自浄サイクルの改善でヒアルロン酸を増やす

 

ヒアルロン酸の生成は肌のたるみ・シワの改善には欠かせない存在です。

 

化粧品などでは、肌表面の保湿する効果しか見込めません。

 

なので、自分でヒアルロン酸を生まれ変わらせる力を養うようにしましょう♪

 

ヒアルロン酸の生成を助けられるのは「ポーラ セラムレブアップ」というわけです!

↓ポーラ公式ショップを覗いてみる↓

http://net.pola.co.jp/


あなたにオススメの記事


【ポーラ公式ショップは豪華7大特典付き!】

自浄サイクルで作られるヒアルロン酸ってどんな成分?

  • 特典1:ポーラ非売品のコットン
  • 特典2:ポーラのサンプル1
  • 特典3:ポーラのサンプル2
  • 特典4:時期で変わるプレゼント
  • 特典5:口コミ投稿でポーラ非売品
  • 特典6:送料無料
  • 特典7:購入者だけが知れるキャンペーン

セラムレブアップの口コミ(トップページ)


↓ポーラ公式ショップを覗いてみる↓

http://net.pola.co.jp/


自浄サイクルで作られるヒアルロン酸ってどんな成分?