自浄サイクルでほうれい線を薄くできる!?食べ物も紹介!

ほうれい線を対策しよう!

ほうれい線は口元にできる「八の字」のシワを指します。

 

30代に突入すると、深いほうれい線ができる傾向があります。

 

原因は、表情のクセや、乾燥肌や、むくみなど色々な原因があります。

 

「見た目印象」に左右されそうなので、対処できるならしたいところです!

 

今回はそんなほうれい線の原因と対策方法を見ていきたいと思います!

 

ほうれい線について

ほうれい線の原因

ほうれい線ができる原因は、肌の内部のエラスチン繊維という肌の弾力を保つために働く繊維の劣化・減少、または、コラーゲンやヒアルロン酸などの肌のうるおいやハリにおいて重要な肌の成分が減ってしまうことにあります。

 

肌のハリや弾力が衰えてしまうと、重力により口元の皮膚が下がり、ほうれい線ができるのです。

 

加齢とと共に肌の弾力は失われていくものなのです。この老化現象は人間は避けては通れませんが、対策することは可能です。

 

ほうれい線の対策

 

ほうれい線を解消するために必要なケアとしては、はだをマッサージすることと、栄養を与えることです。

 

マッサージに関しては、化粧品やクリームなどの、保湿をする際にリンパマッサージをすることが効果的です。ポイントは「ちょっと痛いかな?」くらいの強さでマッサージすること、円を描くように肌全体をマッサージしてあげましょう。

 

 

また、ほうれい線を医療機関で対処する場合であれば、「ヒアルロン酸」の注射が良いでしょう。頬のたるみをリフトアップしてくれて、ほうれい線を目立たなくしてくれます。

 

ほうれい線に効く食べ物

 

まず、ほうれい線に悪い食べ物は「糖類」「揚げ物」です。当分の多いお菓子は食べても良いですが食べ過ぎは禁物です。
ほうれい線に良い食べ物の例はコチラ!

  • 納豆、コンニャク、しらたき ⇒ 保湿力を高める
  • きゅうり、明日葉 ⇒ 血行促進
  • ゴマ、ナッツ、キウイ ⇒ 老化防止
  • 牛すじ、ればー、皮、なんこつ ⇒肌のハリを回復
  • パプリカ、ブロッコリー、じゃがいも ⇒肌の弾力を回復

これらのほうれい線に効く食べ物を食べると、肌の弾力が回復します。

 

まとめ

自浄サイクルでほうれい線を薄くできる!?食べ物も紹介!

原因は老化による肌成分の減少
対策1:リフトアップマッサージを行う
対策2:納豆、ナッツ等の肌に良い食べ物を食べる

 

ほうれい線の解消には、肌マッサージと健康的な食生活が重要です!

 

また、最終手段としてはヒアルロン酸の注射で肌の弾力を上げる方法もあります。

 

しかし、セラムレブアップは自分でヒアルロン酸を作ることができるようになる、自浄サイクルの改善効果が期待できるため、ほうれい線の対策にはピッタリのアイテムとなっているのでオススメです!

↓ポーラ公式ショップを覗いてみる↓

http://net.pola.co.jp/


あなたにオススメの記事


【ポーラ公式ショップは7大特典付き!】

セラム,レブアップ,ポーラ,pola,ほうれい腺

  • 特典1:ポーラ非売品のコットン
  • 特典2:ポーラのサンプル1
  • 特典3:ポーラのサンプル2
  • 特典4:時期で変わるプレゼント
  • 特典5:口コミ投稿でポーラ非売品
  • 特典6:送料無料
  • 特典7:購入者向けキャンペーン

セラムレブアップの口コミ(トップページ)


↓ポーラ公式ショップを覗いてみる↓

http://net.pola.co.jp/


自浄サイクルでほうれい線を薄くできる!?食べ物も紹介!